ネズミ退治を成功させるコツ

subpage01

ネズミ退治を成功させるためには、気長に構えることが大切です。

ネズミは警戒心が非常に強い動物なので、家の中の少しの変化も見逃しません。

そのため殺鼠剤などを仕掛けても一週間以上食べてもらえないこともあります。

ネズミは食べ物を巣に貯め込んでおく習性があります。
貯蔵されたエサがなくなったら外へ出てエサ探しをするのですが、そのタイミングがいつかを知ることはできません。

ネズミの駆除を知りたい方必見の情報を集めました。

そのためネズミを捕えるための罠を仕掛けたら、一週間くらいは我慢をして見守る根気が必要になります。
ネズミ退治を短期間で完璧に終わらせるのならば、専門の業者に依頼をするだけで十分なのですが、独力でする場合には、侵入口の把握や行動範囲の特定などの作業をする必要があります。



効率よく退治するためには殺鼠剤と粘着剤を併用するのが基本となります。

殺鼠剤を食べるとネズミは一瞬にして死ぬわけではなく、少しの間、歩き回ります。


歩きまわって、どこかのすき間で死骸が放置されると家の中にダニが発生したり、小蝿が増えるなどして衛生環境が非常に悪くなります。

粘着剤はネズミ退治には必須のアイテムです。

殺鼠剤で弱ったネズミを捕えることができるので、死骸が放置されるのを防ぐことができます。



一戸建ての住宅の場合、天井などにネズミがいれば音で気が付きます。

しかし家の基礎部分に巣を作っていると大量に繁殖をしてから発見することになるので、フンを見つけたり、ダニやシラミの繁殖で気がつくことになります。